宮きしめん

ビルの飲食街と、サービスエリア内のきしめん専門店

既存改修にあたり、全面ガラスを列壁スクリーンとして格を出した。

SAでの効率性と視認性の双方を考慮してデザインしている。